the maple online!!!

MapleStory Memory(メイプルストーリー)

職業の特性(戦士、魔法使い)

やはり職業選択については一番迷うと思います。どの職業が最強なのか。ということもよく考えると思いますが、最強と言ってもメイプルストーリーにおいては色々な「最強」があります。まずはココから覗いて見て下さい♪

・単体攻撃力の強さ
・複数攻撃の強さ
・財布の紐の強さ
・見た目の強さ
・赤字でもくじけない心の強さ

挙げれば挙げるほどキリがないくらいに沢山の強さがあります。勿論どれを目指すかは個人個人の価値観の違いだと思いますが、参考までに一つ一つの特性を書いていきたいと思います。

 

戦士系(転職レベル10 必要STR35)

ナイト(使用武器:剣、斧)
全戦士の中で最もHPが高くなり単発攻撃の高さも優れている。
2次職のスキルの「ブレイブ」というスキルで攻撃力を高めることができて、PTにも貢献することが出来たが、最近はジャンボたこ焼きが実装により、ブレイブの出番も殆ど少なくなっているのが現状。

3次職のスキルにコンボアタックというものがあり、それを発動するだけで攻撃力がぐんぐんあがる。そして敵を攻撃するだけでも攻撃力が上がり、コンボがたまった状態でフィニッシュアタックを与えると大ダメージ。ボス戦ではおそらく全職業中最強の火力を誇るでしょう。

とは言ってもナイトにも欠点はあります。それは移動速度の遅さ、とんでもない赤字。等が挙げられます。つまり育てれば最強かもしれないけど育てるのにお金がかかりすぎるためそこまでする人が少ない…ということですね。

クルセイダー(使用武器:剣、鈍器)
戦士の中で唯一属性攻撃を行うことの出来る職業です。2次職では少々地味なスキルが多いが、3次職になると3つの属性攻撃(火、氷、雷)をすることができるようになって、相手の弱点を突いた攻撃をすると大ダメージを与えることができます。

加えて氷属性(アイスチャージ)で攻撃すると相手が凍結して動けなくなるという追加効果がついているので、凍る相手なら全くダメージを受けずに敵を倒すこともできます。

しかし、属性が付いてないモンスターや、聖属性が弱点のモンスターにはあまり強くなく、狩り場を選ぶ必要があります。そして、凍らない敵を相手にする場合接近職だけあって大赤字・・・
まぁ、今の世の中では凍る敵を相手にした狩りが一番うまいようなので問題ないと思いますが。

ドラゴンナイト(使用武器:槍or鉾or両方)
槍や鉾を使って強力な攻撃をおこうなう事ができる職業です。
2次スキルの「ハイパーボディ」を使ってPTのHPとMPの最大値を上げることができるので、PT狩りに呼ばれることが多い。3次スキルでは3体に3回攻撃することができるバスターというスキルや間合いが長く6体に攻撃できるドラゴンスラッシャーというスキルがあり、複数相手に有効なスキルがたくさんあります。

しかしバスターは槍を使わないとダメージが小さくなり、スラッシャーは鉾を使わないと大きなダメージが与えられません。つまりどっちかしかできないってワケです。まぁ今は両方のスキルをあげ武器を両方そろえて育てる「両刀タイプ」というものがありますが、強化費用もかかり、2次職でかなりきついでしょう。

そして武器を振る速度が遅いため単体相手になると火力が全然出ません…。昔はエレメントレジスタンスというスキルで魔法攻撃がほぼ当たらなくて黒字職だったが、今は仕様変更により普通にくらうようになっています。
そのため赤字率はかなり高くなっているかも。

 

 

魔法使い系(転職レベル10 必要INT20)

メイジ(火、毒)
火と毒の属性を駆使する魔法使いです。
2次職ではファイアーアローが強力で魔法使いの中でもっとも火力があります。しかし3次職では強力なスキルがなく、代わりに%ダメージ(一定時間に一定のダメージを与えていく)を与えられるポイズンミストというスキルがある。これを使うとどんな強いモンスターでも中毒状態にしておいて放っておけば勝手に死んでくれるのです(笑)話によると80〜100レベルまでの速度がめちゃめちゃ速いとか。

しかし%ダメージだけあってスキルレベルがMAXになる80Lv以降の主要火力の上昇はほとんど望めません。一応強力なスキルはあるのですが、高効率の狩場に生息しているモンスターは火属性耐久ですからね。

人と違う魔を体験したい人にお勧めです。

メイジ(氷、雷)
魔法使いの中で最もポピュラーで人口も多くて使いやすいものの分類に入ります。この職業の強みは「凍結」にあります。2次職のコールドビームは単体を凍らせることができ、3次職のアイスストライクは自分の周りの6体のモンスターをすべて凍らせることができますからね。

凍らせられたモンスターは攻撃することもできずそのまま狩られてしまうワケです。だからMP回復薬もあまり使うことなく狩りをすることができるため凍る敵を相手にすれば赤字をそんなに出すことなくレベルをあげることができます。

しかしそんな氷魔にも欠点があります。
ほかの魔にもいえることですが火力の低さが最大の問題点となっています。
計算式が魔力と物理攻撃力とではかなり違いますからね…

無難な魔をやりたい場合はこのタイプが一番いいかもしれません。

プリースト
魔法使いの中では補助として活躍できるのがプリーストです。
様々な補助スキルと、HPを回復させるヒールなどRPGで言う後衛にあたる職ですね。
そしてソロで狩りをする場合でもヒールアタック(アンデット属性に対してヒールをかけてダメージを与えること)ができるのでソロでも十分にやっていけ、しかもヒールで常にHPを回復することができるのでマジックガード(ダメージをMPで肩代わり)を使用せずにヒール連打していれば薬などを全く使用しなくなります。

つまり補助のみで生きていればお金が減る要素が無いのです。
その為サブキャラとして育てて、メインキャラの狩り資金を稼いでる人もいます。

しかし、補助役だけあって火力はやはりほかの職より少ないです。複数相手なら劣っているほどでもありませんが、やはりちょっと弱く感じるかもしれませんね…。まぁ それでも負けずに攻撃と補助を両立して行い狩りをしている人もいます。

補助で生きたい方、資金をためたい方はこのタイプがお勧めです。ちなみに、魔法使いの美少女フィギアは結構人気あるみたいです。

Favorite

2017/2/16 更新